色育講座

 インターネットやゲーム機器、携帯電話の普及はめまぐるしい勢いで世界中に広がっています。どんどんと進化、進歩する世の中に大人自体も振り回されているような現状があります。

 便利になった反面、大人も子供も「待つ」「我慢する」ことがとても少なくなっているということはないでしょうか。

 

 人は集団の中で様々なかかわりを持ちながら育っていきます。自分の思い通りにならないことが実は多いものです。


感情を優先して動く前に、「少し待つこと」「考えること」「自問自答する時間」をとれること。また、よく考えて(想像する力)人とかかわること(コミュニケーション力)が今とても大切なことなのです。

 

色育とは…

カラーの効果を取り入れて「集中力」「コミュニケーション力」「想像力」

つまり未来を切り開く子供たちに必要な「生きる力」を育てるためのプログラムです。

ゲーテの補色残像現像と「みえたくんのカラーダイアリー」を使ったこうざです。